会長のあいさつ

 会長のあいさつ

公益社団法人 栃木県看護協会  会長 朝野 春美

会長に就任して


 この度、栃木県看護協会長に就任いたしました朝野春美と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 会員の皆様には、日頃より看護協会活動にご支援とご協力を賜り心より感謝申し上げます。併せて、この度の新型コロナウイルス感染症へのご対応に、医療従事者の皆さまへ感謝申し上げるとともに敬意を表したいと思います。
 栃木県看護協会の基本理念は、「人々の人間としての尊厳を維持し、健康で幸福でありたいという普遍的なニーズに応え人々の健康な生活の実現に貢献する」「地域の人々のニーズに応え社会貢献を図る」「看護職が働き続けられる環境づくりの推進」「教育と研鑽に根ざした専門性に基づき看護の質の向上を図る」であります。この理念を基盤として、各種の活動を実践しています。看護協会の一つ一つの活動が意味あるものとして、県民の皆さまや専門職としての看護職の皆さまのお役に立てるように、会長としての役割を果たしていきたいと思っています。
 看護職は、人々が生活するあらゆる場、生まれるときから人生の幕を閉じるまでの人生のあらゆる場面にかかわる専門職です。病気や障がいを持ちながらも、一人一人がその人らしく生活できるように、住民の身近に存在する私たち看護職(保健師・助産師・看護師・准看護師)は、看護の力を発揮して県民の皆さまの健康や幸せのために役割を果たしていきたいと思っています。
 2020年はフローレンス・ナイチンゲール生誕200年で、「看護の日・看護週間」制定30周年です。全世界をあげて記念のイベントとして、キャンペーンを行っています。新型コロナウイルス感染症のために、「Nursing Now―看護の力で健康な社会を―」のキャンペーンは、2021年6月まで延長されました。5月に企画していた「Nursing Now:看護の力で未来を創る」の記念イベントも2021年1月に延期になりました。この節目の年のキャンペーンを通して会員の皆さまと共に、看護職として今できることは何か、担うべきことは何かなどを考えながら、行動していきますので、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


入会のご案内 「心にのこる看護エピソード」募集 会員特典のご案内 寄付募集のご案内 研修を受けたい方へ 研修センターについて とちぎ訪問介護ステーション 快適な在宅療養を願って ナースセンター 看護師人材確保促進事業
委員会活動 広報誌 仕事と生活と ワークライフバランス
eナースセンター とどけるん
入退院共通連携シートご活用ください
リンク集 各都道府県看護協会/看護協会関連施設

看護協会会員数

12,032人

保健師:539人
助産師:395人
看護師:10,377人
准看護師:721人
(2020年9月30日現在)