利用できる方

 利用できる方

訪問看護を利用できる人は次のとおりです。
但し、いずれも主治医(かかりつけ医)の診療
により訪問看護が必要であると認められた者に限ります。

1、介護保険の訪問看護利用者

介護保険の被保険者であって、要介護者又は要支援者と認定された者です。
40歳以上65歳未満の被保険者については、要介護等の状態になった原因が
16特定疾病(※1)の場合に限られています。

※1 16特定疾病とは

  1. がん(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靭帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

但し、(1)から(16)のうち網掛けの疾患については、医療保険での訪問となります。
尚、厚生労働大臣が定める疾病等(※2)の疾患の場合も、医療保険での訪問となります。

※2 厚生労働大臣が定める疾病等とは

  • 末期の悪性腫瘍
  • 多発性硬化症
  • 重症筋無力症
  • スモン
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • ハンチントン病
  • 進行性筋ジストロフィー症
  • パーキンソン病関連疾患
    進行性核上性麻痺
    大脳皮質基底核変性症 パーキンソン病(ホーエン・ヤールの重症度分類がステージ3以上であって生活機能障害度がⅡ度又はⅢ度のものに限る)
  • 多系統萎縮症
    綿条体黒質変性症
    オリーブ橋小脳萎縮症
    シャイ・ドレーガー症候群
  • プリオン病
  • 亜急性硬化性全脳炎
  • ライソゾーム病
  • 副腎白質ジストロフィー
  • 脊髄性筋萎縮症
  • 球脊髄性筋萎縮症
  • 慢性炎症性脱髄性多発神経炎
  • 後天性免疫不全症候群
  • 頚髄損傷
  • 人工呼吸器を使用している状態

2、後期高齢者医療の訪問看護の利用者

病気やけが等によって、居宅において療養を受ける状態の後期高齢者医療の対象者
後期高齢医療の対象者は次のとおりです。
(介護保険の給付対象の訪問看護を受ける者を除く)
(1)75歳以上の者(75歳の誕生日から適用)
(2)65歳以上で、寝たきり等の状態にあるとして後期高齢者医療広域連合から認定を受けた者(認定日から適用)

3、1、2以外の者

疾病や負傷等により、居宅において継続して療養を受ける状態にある者(要介護者等以外)
在宅療養生活を継続する上で看護師等が行う看護が必要な者が対象となります。

入会のご案内 会員特典のご案内 寄付募集のご案内 研修を受けたい方へ 研修センターについて 訪問介護ステーション 経営サポート事業 とちぎ訪問介護ステーション 快適な在宅療養を願って ナーシングホーム あしかが 住宅型有料老人ホーム ナースセンター 看護師人材確保促進事業
委員会活動 広報誌 仕事と生活と ワークライフバランス
eナースセンター とどけるん 看護のシゴト
入退院共通連携シートご活用ください
リンク集 各都道府県看護協会/看護協会関連施設