研修のご案内

平成30年度「看護への道」作成に伴い「新人ナースの笑顔」写真や業務中の写真、看護系教育施設での実習中の写真や学生生活の写真などを募集いたします!
※ご提供頂く写真は、必ず掲載のご了解を頂いてから送付をお願いいたします。

11月27日(月)看護師職能委員会研修会「できる!使える!看護管理指標のイロハ受講生 《追加募集》します!
締切:10月20日(金)まで
病院に勤務する看護管理者(主任・係長以上)が対象です。研修システムより申し込みください。

とちぎ訪問看護ステーションあしかがにて、訪問看護に関心がある看護職を対象に訪問看護業務に関する相談※1を開始しました。お気軽にご相談下さい。
相談日:月・水・金 (9:30~13:30)
連絡先:0284(22)7366 
※1「平成28年栃木県訪問看護教育ステーション推進事業」

「平成28年度栃木県訪問看護教育ステーション推進事業の実施について」のお知らせ
訪問看護に関心がある看護職を対象とし、訪問看護ステーションの体験・研修等を実施します。ご希望の方は、申込書にご記入の上、直接教育ステーションにお申し込み下さい。

片見所長、地域緩和ケアについて考える

 栃木県看護協会の訪問看護ステーション所長が執筆した「地域緩和ケア」についての論文が、在宅医療と地域連携を考える専門雑誌に掲載されました。「とちぎ訪問看護ステーションたかねざわ」の所長で兼緩和ケア認定看護師の片見明美さんが、これまでの先駆的な取り組みと研究成果をまとめた「地域緩和ケアにおけるコーディネーションと専門性を生かす実践法」です。
 現在、地域包括ケアシステムの取り組みが始まっていますが、医師の往診や訪問看護、介護を受けながら住み慣れた地域で最期まで暮らせるようにする態勢で、国は自治体に団塊の世代が75歳以上になる2025年をめどに整備を促しています。背景には医療や介護施設の不足が挙げられます。地域緩和ケアは地域包括ケアシステムの中の在宅看取りの一翼を担います。
 片見所長の論文は、専門雑誌「在宅新療0-100」(へるす出版)2017年9月号に掲載されています。「地域緩和ケアの普及に向けて」の特集が組まれ、片見所長ら七人の専門家が執筆しています。片見所長の論文「地域緩和ケアにおけるコーディネーションと専門性を生かす実践法」は同雑誌817~822ページに掲載されています。「これまでの取り組み(トータルヘルスプランナー・急遽の退院対応)」「地域緩和を担う訪問看護師の役割」「専門的緩和ケアの役割(意思決定支援・家族のニーズに応える・症状緩和)」「チーム力」をキーワードに報告・提言しています。
 当看護協会の渡邊カヨ子会長は「在宅医療、訪問看護ステーションの意識改革の時代です。先駆的な取り組みと看護師の役割の理解に役立つと思います」と一読を勧めています。鱒渕清子専務理事は「住み慣れた家で、家族に見守られながら最期を迎えたいと願う人々に寄り添う看護が、そこにありました。在宅医療に関する看護職のみなさんにぜひ読んでいただきたい、示唆に富んだ内容です」。馬込公子常任理事は「地域緩和ケアを幅広く実践している著者のノウハウが凝縮されています。悩みながらの実践は共通課題です。ぜひ参考にしてください」と呼び掛けています。

平成29年度「入会手続き」はお済ですか?
口座不備等の理由で入会手続きが完了していない方がいます。
もう一度ご確認ください。
お問い合わせ先:028-625-6141(会員登録担当まで)

「第4回 ピンクリボンセミナー」開催のお知らせ
乳がん検診の大切さや必要性、可能となる早期発見、最新の治療情報など詳しく知ることができる講演会です。「自分の身体を大事にしましょう!!」

平成28年8月25日(木)開催の「ナースシップ」運用開始に伴う事前説明会Q&A

8月27日(日)県・大田原市総合防災訓練に渡邊会長他、災害支援ナース4名が参加しました。当日の様子はこちらから

        看護政策に関する要望書を県に提出

 栃木県看護協会(渡邊カヨ子会長)は8月29日、「看護政策に関する要望書」を栃木県に提出しました。渡邊会長をはじめ鱒淵清子専務理事、馬込公子常任理事が山本圭子保健福祉部長に手渡しました。意見交換も行われました。
 この要望は、超少子・超高齢・多死社会の到来を控えた社会の要請に応えるために、看護職の資質向上や看護の体制整備と人材確保が重要となります。そのための看護関連事業の支援をお願いしました。
 要望は①看護職の養成及び人材育成②看護職員の確保・定着、勤務環境改善対策③地域包括ケアシステム構築と推進ーの三本柱です。
 この要望書の詳細は、「広報とちぎ」10月号に掲載されます。
 

災害支援ナースが包帯法を訓練しました

【栃木県看護協会への寄付者(企業・施設)名】
▽東洋羽毛北関東販売株式会社(小山市)▽(有)日経TVB(渡邊日佳代表、宇都宮市)▽宇都宮中央法律事務所(宇都宮市)▽第12回日本クリティカルケア看護学会学術集会(中村美鈴集会長)▽山根美智子(宇都宮市)▽馬込武(市貝町)▽鱒渕光男(宇都宮市)▽鱒渕タケ子(宇都宮市)▽樋口美紀(東京都)▽鱒渕裕美(東京都)▽アルファクラブ株式会社(宇都宮市、神田成二代表取締役)▽在宅ほすぴす(高根沢町、渡辺邦彦)▽菊池園江(那珂川町)▽河野順子(大田原市)

平成29年度 栃木県緩和ケア研修会のご案内

入会のご案内 会員特典のご案内 寄付募集のご案内 研修を受けたい方へ 研修センターについて 訪問介護ステーション 経営サポート事業 とちぎ訪問介護ステーション 快適な在宅療養を願って ナーシングホーム あしかが 住宅型有料老人ホーム ナースセンター 看護師人材確保促進事業
委員会活動 広報誌 仕事と生活と ワークライフバランス
eナースセンター とどけるん 看護のシゴト
入退院共通連携シートご活用ください
リンク集 各都道府県看護協会/看護協会関連施設